痰壺日記2

大学を三留し勿論NNTで卒業。その後実家暮らしのニートとなり、ブラック居酒屋で2年間バイトした末我慢の限界でバックレ。再びニートとなったのち再び働き出した男の日記。

素敵じゃないの。



バイト先の居酒屋で誕生日ケーキの持ち込みもあるんだけど、意外と私より年上の人も居て驚き。

今日は36と書かれたケーキが持ち込まれたよ。今まで見た中で最高齢だった。

凄ェ。

ケーキが贈られるってことはリア充、しかも大学生とか若い感じの雰囲気だろう。

それが30代過ぎてもなお続いてるってことか?

やべェ。

先週の土曜のおっちゃん連中の乱痴気騒ぎもそうだったが、意外とこの若々しい感じは年齢を重ねても保てるのかもしれないね。

リア充特有のノリってやつがさ。

もしかしたらこれが「普通」なのか?

こういった連中とはかけ離れた生活送ってきてるから、感覚がよく分からん。

確かなことは、自分より歳の数が大きいケーキを見て思うのは


羨ましいな、と。


別に友人に恵まれているとかそういうんじゃなくて、人生楽しんでそうでさ。

少なくとも私みたいにウジウジ悩み抱え込んで卑屈になっては、無いだろうな。

勿論彼らは若いころから苦労して他者との助け合って諸々の経験の積み重ねがあっての今があるんだろうけど。年齢に見合ったものを持っているから歳を重ねることに嫌悪しないのだろう。

私も人生楽しめたらなあ。割と「楽」はしてるけど、楽しんではいないな。

自分のやりたいこと、趣味でも仕事でもいいから、その為に生きれたらどんなに楽しいか。



まぁ、そこら辺はぼちぼちと探していくとしようかな。

もう寝よう。疲れた。

ここ3、4日ほど雨が降る日が続いている。

ジョギング出来ないなぁ...いや、サボれてラッキーというわけではないよ。うん。

天気が何日か荒れだしたら、気候が変わる合図。

この雨風が過ぎたら、本格的に冬の寒さになるんだろうな。

今も充分寒いんだが。



外出たくねぇなぁ。。

幸せなことなのかもしれない。少なくとも私にとっては。

毎日更新!と行きたいとこだが如何せん毎日特にイベントなんて起こらず。

なので書こうにもどうにも手が進まない。

でも書くことが有るときは大抵ネガティブなことになる。しかも長文になるにつれて度合いが酷くなるというね(そしてアクセス数も増える)。

書いてる方も気分的に良くない状態だから出来ればこんなことは有って欲しくはないなと思う。

不運に見舞われても「よしブログネタになる!」みたいなポジティブな気持ちにはなれないね。

あまりにショッキングな出来事だと思い出すのも嫌になるから書けなくなるし。。

幸運はそもそも訪れてこない。

やりたいことが見つかった!好きな人が出来た!とかあればいいのだが、無いしね。



でも、やっぱりこれが幸せな状態なんだろうな。平穏、と言うかさ。

刺激的なのより平穏に生きれる方を望む私としてはこれが最適解だと言える。

実家ぐらしのフリーターだろうが負け組だろうが底辺だろうが、私自身が生きやすけりゃそれで構わないわけで。

この調子で後は苦痛なく人生幕引き出来れば完璧よ。不摂生の極みみたいな暮らしじゃ絶対無理だろうが。

それ以前に将来的にこの暮らしが長く続くわけがないのは理解しているつもりだから、動かなきゃってなるんだけど...

最適解の穴にすっぽり収まっている身はそこから自力で動くのは困難。

頭の理解よりも身体の満足を取ってしまう。自分に敗けまくり。

どうしても動くには環境の変化が必要になってくる。

金が尽きたとか、バイト首になったとか家がなくなったとか病気になったとか。。

こうした不幸にたいしてやむを得ず動くという形になるかと思う。

出来ればポジティブな理由で動きたいけどさ。夢も友人も無い男にはどうにもならんさ。



以上、怠け者の言い訳でした。明日は7時起き。

そろそろ寝ないと...

地元では明け方に雪が降ったらしい。道理でねぇ。

ここ最近は朝寒さで目が覚める。

布団頭に被って寝るもんだから酸欠気味になってあまり寝れてないし。

おかげで常に眠気がつきまとう。

そこに晩の冷え込みが加わればもう動きたくなくなる。

今は炬燵の中でスマホぽちぽちブログ更新。ぽちぽちブログ。猫か私は。

ジョギングは...どうだろう?

左足にまだ若干痛みが残っている。

下手に動くのはよろしくないと思う。

ちょっと歩くぐらいでやってみるか。



ああ眠い。なんだかとっても眠いんだ。パラトッシュも今日疲れたろ?風呂入ってさっぱりしましょうよ...

気がする。

うん。

ちょっと関節を痛めただけだったんだなきっと。

さっそく走るか!と思ったけど天気がよろしくない模様。

風が吹き荒れ、雨も時折降っている。

よし!明日から本気出すか。

足痛めた程度で挫折するような男じゃない事を見せてやるよ(誰に

しかし足痛めない走り方をしないとまたやりそうだ。準備運動はちゃんと行ったほうが良さそう。

むしろ今までは全くせずにいきなり走り出してたからな、そりゃ痛めるだろうと。

うん。

↑このページのトップヘ