痰壺日記2

大学を三留し勿論NNTで卒業。その後実家暮らしのニートとなり、ブラック居酒屋で2年間バイトした末我慢の限界でバックレ。再びニートとなったのち再び働き出した男の日記。

ネットしない→やることが無い→ブログ更新→ブログ確認→ほかの人のブログを見る…→数時間経過

ダメみたいですね(諦観)

呼吸を止めて過ごせと言ってるようなもんやね。ちょっと違うか。あるから使う。それだけの話。
しかし完全にネット解約してしまうとブログ投稿とか通販出来なくて困る。
動画とかだらだら見て過ごすよりかは駄文書き散らした方がまだ生産的ではあると思う。

と自己正当化。

まだオナ禁の方が頑張れた。あれは5日持った。一方ネット禁は半日と持たないw
クリスマスの過ごし方からネジの締め方まで、日常でのちょっとした「気になる」に瞬時に答えてくれるから。
そこからついついね、色々調べて言ったら時間の経過の早いこと。

「気になる」気持ちを抑えるのは中々難しいね。



ここでクリスマスの思い出でも語ってみる。

幼小:プレゼント最高。サンタさんの正体は父親
中高:セルフプレゼント。またの名はIYH
大学前半:サークルでのイベント活動。彼女と家で過ごすリア充っぷり
大学後半:どうせならクソな過ごし方を、と半分やけくそ気味でテ○ガ買ってしこる

初めて買ったのが3Dだったね。24日のバイト上りに買ってきて使った。
感想は、冷たいの一言。ある程度温めた方が良い感じ。
今でも月イチの割合で使う。事後の空しさは感じないものの風呂場まで行って洗うのが怠い。



幼少期にはプレゼントという形でモノを買ってもらい、中学以降は欲しいものをクリスマスだからと衝動買い。そんな経済活動に貢献する日であったが、最近は衝動買いするほどの欲しいものも無く、ただ少しだけ疎外感を感じるだけの日となってしまった。

バイト先でもクリスマスの話題になり、仲の良い者同士でプレゼントの送り合いをしていた。
困るのが居場所が無くなる事。此処に私居て大丈夫か?と何故か不安になる。
大体仕事中だろう、何やってんだよ。終わってからやれよなどと意見を言えるわけもなく、ただ黙々と作業をこなすのみ。

こういう時リア充系のバイトは厳しいんだよな。

今朝からネットが接続できない。
それはネット依存の私にとっては重大時だ。

スマホの管理アプリでルーター側のステータスを拾えたのでwifiは問題なし。
ルーターの再起動を試みるも改善せず。
寝起きもあって腹が立ちルーターを壁に叩きつけてもどうにもならず途方に暮れる。

ふとルーターに目をやれば電波強度を表示するアンテナが点灯していない。
そこで普段設置している場所から窓際に移動させるとアンテナが1本点灯した。
どうやら電波が弱いらしい。

となるとおそらくは、最寄りの基地局がメンテナンスかなんかで一時停波してると予想。
暫くは自宅以外の場所で使うかネット断ちするかの2択しかないようだ。

これは神が与えた試練だと思って暫くネット断ちを試みてみる。
無気力改善にも繋がるかもわからんし。



夜になって再度ルーター起動したところやはり接続出来ず。
取説どっか行ったのでトラブルシューティングも出来ず、適当にリセットボタン連打したら接続出来た。
ついでに新ファーム更新が来てたのでそっちもやっておいた。

てかうちのatermファーム更新あるたびに接続不良になるから困る。


ネット断ちは取り敢えず...PCスマホ共にブラウザを封印することにしようかな。これで年明けまで戦ってみる。

DSC_0720

寒いわー

DSC_0722

寒いわー

DSC_0723

寒いわー

DSC_0724

寒いわー

dad01




DSC_0725




dad02


dad03





追記

IMG_2160

バイト帰りの車でカーステに繋ごうとしたらスマホの防水キャップが取れました。
今日はクリスマスイブだか何だか知りませんが非常にフ。ックな気分になりました。

わたしです(aa略

床に就いて目を瞑って意識無くなるまでに妄想するんだよ。
何か厨二バトルものとかぼくがかんがえたさいきょうの××とか。
大抵その日に見た漫画や映画などの影響をもろに受けて内容が変化する。
ストーリー考えて起承転結まで進めたら2時間くらい経ってたなんてのも。

他の人もやってるのかな?と思って周りの人に尋ねてみたら「いや、やらねーよw」と回答多数。
明日の予定を考えたりそのまま何も考えずに寝たりするらしい。


マジかよ…俺保育園のころからずっとこんな感じなんだが。


元々はテレビのアニメか映画か見てて話しの展開に対して「俺だったらこうする」的なif展開を妄想してたのが始まりだった気がする。
それを繰り返しいくうちに日常の出来事とかを混ぜ込んだりしてどんどん妄想の世界が膨れ上がっていった。

さらに寝る前以外にもちょっとした空き時間にも妄想し出したりするように。今もだけど。
小さい子がおもちゃ使って一人遊びするときに特撮ヒーローとかのセリフを独りで言いながら遊んでる感じ。
勿論脳内でだよ。小学校高学年まではよく妄想内容が断片的に言動に現れてちょっと頭のおかしな子として見られてたな。頭おかしいのは今もだけど。だから0kac。

DQNとかに脅かされたときは妄想の世界でできるかぎりの苦痛を与えて惨穀し
気になるあの子に対しては同じく妄想であんなことやこんなことを繰り広げてた時期もあった。


頭の中では私は全能の存在でいつでも勝者であり、英雄だった。


頭の中の私が本物であり、現実のダメダメな私は偽物だとか本気で思ってたかも。
なので、現実の自分自身を磨くなどといった向上心は無かったね。
現実の自分は運動音痴で逆上がりの時に負傷しようがクラスメイトから避けられようが毎回宿題やらずに立たされようが

否定

で終わったね。その方が楽だから。

違う、本当の俺はそうじゃない。本当の俺は…などと言い訳してまた妄想の世界に逃げ込めば済むからねえ。
痛々しいったら無い。そのエネルギーをすこしでも自己研鑚に向けてりゃ現在はもう少し変わってたかも。

思えば保育園の段階で現実諦めた感があったかもしれん。幼いながらも大多数と同じ「普通」の人生を歩めないな、と薄々感づいていた。自分と周りの他人とで「明らかな差異」があってそれによって周囲が私に対する扱いも違っていて、疑問と不満があったけど少なくとも自力ではどうにもならんかった。

この「明らかな差異」ってのは今でいう発達障害の類だと思う。専門家の診断は受けてないけど、後々になって自分の行動パターンを自己診断チェックかけたらADHDにあてはまってた。
人の話聞けないとか落ち着きの無い子だった。

当時の事情だから、周囲に理解も無くただただ迫害受け続ける他なかったのでほんとどうしょうも無い。
生まれた直後に小児麻痺の誤診くらってたらしいし、そん時にいっそ〆てくれりゃあ良かったのにな(笑)




おっと話がめっちゃ脱線した。
まーアレだな、中学生までは妄想で俺TUEEやってたって話。


で、高校生くらいになると自分がどう見られてるか考えるようになって、それに伴い妄想も主役は私自身ではなくなんかイケメンのオリキャラにしてた。
同じくオリキャラのヒロインと共にいろいろ話が展開していく内容。世界観や中二設定も自分で考案してていわゆるラノベ的な話に。でもゲームや漫画の影響は受けまくりと。

妄想だとはっきりイメージが固まらないのでイラスト書いてフィードバック、着実に姿かたちを固めていった。
そん時のイラスト書いた大量のノートとか答案用紙の裏とかチラシの白紙とかが実家のどっかに仕舞われてるわ。
もし家族に公表されたら発狂する自信がある。まだアブノーマル系の工口同人誌の方がマシだわ。捨てろと。

大学入って歳をとるたびに設定は妙に細かく現実的になってくる。質量保存の法則とか超光速はありえないだとか、魔法的な現象についてもそれっぽい根拠つけてあんまり無茶くちゃ出来ないようになっていった。

終いにはストーリーを進めずに設定だけ考えて寝落ちするとかね。
宇宙ヤバイスレは設定材料の宝庫だw




今現在は…なんだろうな、年々妄想する集中力も途絶えて言って断片的にイメージだけして寝落ちするパターンばっかり。
もうね、妄想する気力すら無いのかと。

その分日常生活において、特にネットで趣味系のサイトとか見ては追体験という形で妄想してそれなりに満足してる。エア趣味。金も時間も場所も友人も要らないからな。

今やりたいのが自作PCとミニ四駆か。改造とか作る系の趣味。

頭で構造や仕組みを理解しても実際にやってみたら結果は違うだろうし、そこからまたさらに理解が深まるだろうから楽しそうではあるが…

こんなことしてる場合じゃないだろという危機感によって行動力に大ブレーキがかかり、結局妄想で満足する現状。すぐに金無い場所ない仲間いないでやらない理由を見つける。



私の人生において妄想は快適を極めた理想郷であり、現実に参加させない拘束具でもある。
もはや薬物の類だわ。

久々湯船貼って入浴中。酒とスマホを持ち込んでブログ更新。順調にネットとアルコールの依存が進行中。



今日はあいにくの雨。日光足りないとか言ってたのにこれじゃあ外出てもしゃあなしと言うことで例によって引きこもり&朝から酒飲み。

PCのファイル整理でもしようかと思ったけど開始5分で作業中断。

気力もなければ集中力も無いんです。

ブログの方も短文雑文なのも途中から飽きるせい。元々作文下手なのもあるけど。



近年はどんどんその傾向が増してきてる気がする。
去年は同じ状況ながらも一人旅に出たりしてたんだがなぁ。
今年はそんなことしてる場合じゃないだろって自重してた。

ゲームにしろ趣味にしろ常にそんな中途半端な危機感があってまともに手を付けられなかった。

だからと言って就活とか資格を取ろうとしたわけでもなく、免許と車を入手出来たぐらいであとはバイト先と自宅の往復だけで一年が終わった。

就活もしねぇ遊びもしねぇ、時間の無駄遣いの極みだった。
遊びも仕事も盛りの20代のこの時間をだ。



はぁ...クリスマスプレゼントには生きる目標が欲しいですサンタさん。

このままじゃ来年も同じ一年になりそうだ。



うん

↑このページのトップヘ