いきなりこんな話するのもあれだが、ある日突然、余命幾何か、と宣告を受けたら私はどう思うだろうか。

人の寿命なんて絶対に予想は付けられないとはいえ、相手は人の命を扱う専門家だとしたら、とても冗談などとは思えず。

たとえどんなに健康体であっても、突然、誰にでもやってくるかもしれない。


死、という現実。


普段、死にたいとはおもっていても実際自分が死ぬなんて事は、いずれそうなるのは分かってるんだけど、遠い未来の事だろうとか言って、全くもって想像の埒外で考えたくても考えないようになってる。

いや、自分から近づくのは考えるけれど、向こうからやってくるのは想定外、と言った方がいいか。恐怖以外の何物でもないから。

ある日突然やってくるならまだしも、徐々に、徐々に忍び寄ってくるのが、はっきりと解りだした場合、果たして私はどう思うのだろうか。

全てを受け入れて、涅槃に入滅するか。

それとも、拒否を重ねて遂には狂人と化してしまうのか。

分からない。こればかりは実際になってみないと分からない。それ以前になりたくない。いずれにせよ、今までの生活は完全に捨てねばなるまい。

人生でやりたいことが未だ定まっておらず、毎日を無為に過ごすばかり。そんな中に突然の余命宣告なんてされたら、いよいよ生きていく意味を完全に見失うことになりそうだ。

生きていく上での心の支えは何だ?命を賭してでも挑戦したいことはあるか?守るべきものは?使命は?…

残念ながら今の私には無いしね。

ただひとつ、今の私の生き方は、


かなり贅沢をしているな、と


そう思えた一日だった。

いずれ突然来たる日に備えないと、その時になったら完全に終わるわ。