痰壺日記2

大学を三留し勿論NNTで卒業。その後実家暮らしのニートとなり、ブラック居酒屋で2年間バイトした末我慢の限界でバックレ。再びニートとなったのち再び働き出した男の日記。

2015年05月

1日1、2時間歩くようになっただけで疲れるようになるとは。

健康の為に良さそうなもんなんだが、却って不健康になってる気がする。

ストレス発散どころか溜まりまくりだし。些細な事でもイライライライラ。

ストレス発散ってどうしたらいいんだ。

ここはぐっと我慢の時か?

いっそのこと爆発するまで耐えてみるか?

えぇ?

頭ぐるぐるする。

途中で吐いた。

イライラもする。

よく家まで帰ってこれた。

もうねる。

ぐあいわるい。

image

Ingress歩数 19214歩。

一昨日の話。バイト休みだったのでちょっと遠くまで歩いて出かけてきた。

だいたい3時間ぐらいか。炎天下の中歩き続けて、ポータルを見つけ次第ハックとリンク張りをしまくった結果

Screenshot_2015-05-26-14-50-49

A5キタ。ここまでの道のりが長かった…総移動距離も50キロ超で文字通りだ。

武器も強いのが使えるようになったのでこの間壊せなかった近所の公園の敵ポータルを攻撃。

割とあっさり破壊。強い。俺強い。

それでもって2時間足らずで5万APゲット。敵陣営のCFを物故和紙ていけば大量に経験点が入るようだ。今までのAP集めの苦労は何だったんだ…。

まぁいいや、そうと分かれば俺は敵のポータルを破壊し尽くすだけだぁ!

その前にまた武器集めないといけないんだけどね…

諦めたのは何か、よくよく考えてみたら、思い当たらない。

安定した職、良い嫁さん、幸せそうな家庭…

皆は欲しているように見えるけれど、果たして本当に欲しているのか。

周りがそう望んでいるから、自分も同調しているだけではないか。

そもそも幼いころからなりたかったもの、夢なんてものが思い浮かばなかった。

特に無い。

強いて言えば…

毎日平穏に、日の当たる縁側でぼーっと過ごせたらそれで良い

と言ったことを中学生以来、願っていた。

しかし叶わなくとも別にかまわない、って感じだった。

孤独に生きることは幼少の、物心ついた頃から薄々と予感してはいた。

だから、ぼやけにぼやけた理想の生活でも私以外の登場人物は現れない。

おそらく、今後は理想の生活に向かっていくかもしれない。

多少の相違はあれど。



ある意味で、今の生活が理想の生活とも言える。

休みもほどほどにあって、誰とも合わない休日は部屋でぼーっとしていることが多い。平穏そのものだ。

だからこそ、

その先は、将来は、期待が持てない。

良い方向に転がるようには思えず。

両親が死に、独りとなって、老いと共に身体も自由が利かなくなり、どんどん堕ちてゆく。

そんな展望しか見えてこない。

だからこそ、



もういいかなって気分だ。

長生きはしたくない。

真の勝ち組ってのは、長く生きたいと思える人生を送っている者だと思う。

経済的とか社会的にとかは関係無くて、

心の底から長生きしたいと思えるなら、その時点で勝ち組だ。

だって、将来に希望が持てるんだもの。

ねぇ。

私は



寝ている間にぽっくり逝けたら最高なのにね。

image

9892歩

本日のIngressでの歩数。もうちょいで1万歩だったのに。

私の歩幅が45センチくらいだから大体4.4キロくらい歩いたことになる。

Ingressの方はA5まであと2万2千AP。この間XMP乱射して弾全然無いので敵ポータル焼けない状態。

ウィルス使いたい衝動を抑えつつダーティハック。近所水没しちまったのでリンクも全く張れず、AP稼ぎが捗らない。

また駅前市街地を歩き回るか…?

↑このページのトップヘ