やっぱりニッチな事書くとアクセス数が減るな…。単純につまらんのもあるけれどブログの性質に合わないものを書いたら当然というか。

基本的にこういう日記系のブログと、趣味系とではアクセスアップの方法が異なるからなあ。

前者はブログ村とか相互リンクを増やす、後者は検索結果で上に表示されるように記事作成の工夫とかSNSで拡散させてアクセス数を増やす感じ。

日記は更新絶やすとたちまち人が減っていくのに対し趣味系ブログは放っておいてもあまりアクセス数は変わらず。

読者層も両者では異なるから、あんまり記事の趣旨が異なるようなら日記と趣味で別のブログにした方が良いかもね、って事で私の場合はミニ四駆ブログを作ったわけだが、あれ1か月以上放置してるけどむしろ訪問数は増えているという状態。

記事のタイトル一つとっても数字が変わるからブログは奥が深い。無料ブログサービス使えば金もかからんからブログそのものが趣味としてもアリ。まぁ最近はすっかりモチベーション下がってしまったが。



あと、日記も趣味系も両方に言えるけれど、書きたい!って思って書いた記事はアクセス数が多い気がする。あれ何でだろな。伝えたい気持ちが文章の勢いとなって表れてて、それが読者の受けが良かったってパターンなのか。

私は滅多に書きたい気分にはならないし、この記事もだらだら書いてるだけだしな。とりあえず毎日更新を心掛けてるつもり。アクセス数維持の為に無理にでも更新しているあたりブログ依存症になってる気がしないでもない。暇があったらスマホでアクセス数チェックしてるし。