夢の話。
自社製品の改修工事に客先に赴いたんだけど、そこの担当者が明らかに人間を食べそうな異星人の姿をしていてこりゃ何か問題起こしたら食われるな、と戦々恐々と作業していたがやっぱり問題が起きて、幸い客先の人が居なかったのでその間に何とか修正にとりかかるも中々解決できず、そうこうしているうちに担当者が戻ってきていきなり襲いかかってきた所で目が覚めた。そんな仕事の夢。
P_20160709_115205_HDR
休日。
最近は再びIngress熱が加熱して休日の度に県内の街へ遠征に出かけていったけれど、今週はそんな気力もなく家でだらだらと過ごした。する事はいくらでもあれど気力がついていかず、最低限の事だけ済ませて今に至る。無職の頃はこんな感じで毎日過ごしていたんだよな。何もする気力がないけれど、無為に時間が経つことに焦燥感に煽られてもがいてる様な。
社畜に無職、どっちを選ぼうが辛い事には変わりなし。

明日は月曜日。また闘いの日々が始まる…