このブログもダメ人間カテゴリだしダメ人間を自称しているわけだが、自分がダメだダメだと思っててもどこがダメなのか具体的な部分まではあまり考えて来なかった。

という事で自分のどこがダメなのか、5つに絞って挙げてみることにした。


【自分のだめなところ5選】
  1. 面倒くさがり・先延ばし癖
  2. 受け身な姿勢
  3. コミュ障
  4. 自身の無さ・優柔不断
  5. 考えずに行動する


1.興味のないことは面倒になってやらない。面倒だと思ってもちゃんとするのが普通だけど自分はやらない。それがたとえ大事なことであっても。先延ばし癖は昔からで、学校の宿題なんていつも出さなかった。親や教師に叱られても改善する気がなかったから働き出した現状苦しめられている。自業自得と言われればその通り。何年も熟成された悪癖なので改善出来るのか謎。


2.基本的に自分から動こうとはしない。人から言われてようやく動く。周りが言ってこなけりゃ問題ないだろという思考。先延ばし癖とセットになってる。


3.基本的に自分本位で他人に関心が行かないため雑談するときに他人の事をあれこれ聞くようなことはしないので会話が続かない。 それと意見するような場ではいざ喋る番になると頭の中が真っ白になって何を話せばいいかわからなくなってしまうし、実際に何を言っているのか分からないでいる。

またコミュ障に関しては自身の発言の自信のなさも関係していると思う。口に出そうとしてもこれは正解なの?って常に迷っているため発言が出来ないし、自ずと口数が減ってしまう。


4.コミュ障のくだりでも述べたとおり、他人に意見を主張する際、自身の無さが現れる。きっぱりと断言出来ない。 あと決断が出来ない。最終的に自分がどうしたいか、と決断を迫られても自分で選択出来ない。なので自身の無さは決断力の無さとも言える。 先延ばし癖と相まって自分を含む多くの人間に迷惑をかけてきた。


5.考えなしに行動に移すためトラブルに見舞われることがしばしば。考えてるつもりでもそれは考えているフリをしているだけで、実際行動を選ぶに至った根拠はさっぱり考えてない。全ては脳内ソース。そもそも考えるって何ソレ? これは受け身姿勢から派生してるような気がする。




以上、自分のだめなところ5選。こうやって書き出すと我ながら相当だらしない人間だと思っている。

どうしようもない気がするけれど、これらだめな部分を潰していかないともう後が無いなと。



次はどうやってだめなところを潰していくか、具体的な対策を考えないと。